酵素ファスティングダイエットのNG行為

酵素ファスティングダイエット中には、やってはいけないことがあります。

 

まず一つは食事についてです。

 

基本、酵素ジュースだけで過ごさなくてはいけないときに、食事を摂ってはいけません。
それでは酵素ファスティングダイエットをやる意味がそもそもないでしょう。

 

水分なら大丈夫ではとお酒を飲むのもNGです。

 

お酒を空腹で飲むと内臓に負担がかかりますし、アルコールを分解するためにたくさんの酵素を無駄に消費することになるのです。

 

それから、カフェイン入りの飲料を摂るのもいけません。カフェインには酵素のはたらきを阻害する作用があるほか、胃に負担がかかったり、摂取した栄養素を破壊したりします。

 

酵素を摂る意味だけでなく、ドリンクに含まれる栄養を失わせたり、体に悪影響を及ぼすだけなので、摂ってはいけないのです。もしも水分を摂るとしたら、カフェインが一切入っていないお茶や、ミネラルウォーターにしておくべきでしょう。

 

また、酵素ファスティングダイエット中にタバコを吸うのもNG行為の一つといえます。

 

せっかく体の毒抜きをしているのに体の毒になるものを摂取するのはよくありませんし、カフェインのように摂取した栄養素を破壊する作用があります。喫煙習慣がある人は、酵素ファスティングダイエットと一緒に禁煙をスタートしてみてはいかがでしょうか。

 

なお、もしもこれらを守ることができなかった場合には、酵素ファスティングダイエットは失敗に終わる可能性がかなり高いです。